http://jp.rollsformingmachines.com
ホーム > 製品情報 > 金属加工ライン > 連続溶融亜鉛めっきライン(CGL)

連続溶融亜鉛めっきライン(CGL)

    お支払い方法の種類: L/C,T/T,D/P
    Incoterm: FOB,CFR,CIF
    納期: 180 天数
基本情報

タイプ: コーティング生産ライン

コーティング: 亜鉛メッキ

Substrate: Steel

認証: CE, SGS, RoHS

Certification: ISO

調子: 新しい

Additional Info

包装: 顧客の要求に応じて

ブランド: GEIT

輸送方法: Ocean,Land

原産地: 中国

ポート: Xingang

製品の説明

連続溶融亜鉛めっきラインとは何ですか?

連続溶融亜鉛めっきは、冷延鋼板コイルを使用して製造され、冷延鋼板コイルは、溶融亜鉛めっき処理によって両面に高品位亜鉛の薄層がコーティングされている。これは、バリアと陰極の保護を提供することによって腐食に抵抗するだけでなく、亜鉛緑青の開発を通じて。これらの3つのレベルの腐食保護は、亜鉛メッキ鋼に数十年間メンテナンスフリーの長寿命を提供します。 GEITは設備の製造と設置だけでなく、亜鉛めっきプラントへの専門的な技術革新も行っています。

hot dip galvanizing line



仕様情報:

aseboard cold-rolled carbon structural steel, quality cold-rolled carbon structural steel and low alloy steel
Width of steel strip 500~1600mm
Thickness of steel strip 0.10-7.5mm
External diameter of steel coil φ800-2500mm
Process speed 80-200m/min
Energy electricity, gas, liquefied petroleum gas, gas, steam, compressed air and so on
State of cladding ordinary spangle, small spangle, no spangle, finishing spangle
Thickness of cladding 50-300g/m2 (double sides)
Process after cladding finishing, straightening, fingerprint resistant coating / passivating, oiling


連続溶融亜鉛めっきラインワークフロー:

スチールストリップのユニットおよびプロセス手順の機能に基づいて、ユニットは入口セグメント、中間処理セグメントおよび出口セグメントに分割される。エントリーセグメントには、巻き戻し、せん断、次のセグメントのためのストリップを連続的に準備する溶接が含まれます。中間処理工程は、脱脂、焼鈍、亜鉛めっき、プラニシング&レベリングなどで構成されています。出口セグメントは、コイルの分離と巻き取りを終了します。

プロセスは次のとおりです。

給電 コイル 巻き戻し 鋼帯端の切断 溶接 脱脂(アルカリスプレー+アルカリブラッシング+水 熱風乾燥 洗濯+ 3段 ` 水洗浄) (エントリールーパー) アニーリング低減 めっきAl-Zn 空気 冷却 水冷 熱風乾燥 プラニッシング レベリング パッシベーション 熱風乾燥 (出口ルーパ) 検査表 分離 コイル コイルの取出し 梱包


亜鉛メッキコイルの適用:

自動車の製造、冷却装置、建設、換気および加熱設備および家具製造およびその他の分野で使用される多数の亜鉛メッキされた鋼板は、亜鉛が鋼中に保護層を形成することができるだけでなく、重要な鋼の腐食防止方法になる亜鉛メッキ層が損傷した場合でも、それはまだ鉄基を防止するために陰極腐食保護を通して行うことができます。

galvanizing coil


製品グループ : 金属加工ライン

この仕入先にメール
  • *タイトル:
  • *メッセージ:
    あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません
サプライヤーと通信?サプライヤー
Cary xu Mr. Cary xu
何か私にできますか?
今チャット サプライヤーと連絡する